慰謝料の決め方

慰謝料を決めていく際には、治療費とは異なり具体的な金額の証拠を提示することが難しいため、話し合いによって決めていく必要があります。

主な決め方としては、このような流れで決められていくことが多いと言えるでしょう。参考元...交通事故被害者慰謝料 - アディーレ

まずは、お互いに代理人を立てて話し合いを行っていくこと場合が多いと言えます。

加害者側は保険会社や弁護士、交通事故の被害者側は弁護士に依頼をするという方法がメジャーではありますが、場合によっては、被害者側は直接、加害者側の代理人と交渉をするという方もいると言えるでしょう。

次に、加害者側から提示された金額を、自分が了承するかどうかを決めていきます。

基本的に向こう側から提示されることが多いと言えますので、よほど知識のないような方が相手ではない限り、しっかりと話をされると言えるでしょう。

万が一治療費分しか提示をしてこない場合は、こちらも出来るだけ臨戦態勢になり、弁護士などを雇うことが大切です。

そして、交渉の結果金額が決定し、治療費などに加えて別途、慰謝料の支払いが行われます。基本的には振り込みが多いので、直接渡されることはありませんが、万が一話し合いの前にお金を受け取ってしまうと、それで終了したとされることが多いので気を付けましょう。

まずは話し合いを